宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ドントディスターブとは

「ドント・ディスターブ」(Don’t Disturb)とは、英語で「邪魔をしないで下さい」という意味の言葉ですが、ホテルなどの宿泊施設においては、主に、客室の清掃やベッドメイキング、タオル類の交換、アメニティー類やコンプリメンタリー飲料類その他消耗品の補充といった客室管理作業を行うために部屋を訪れるハウスキーピングのスタッフ(ハウスキーパー)に、「起こさないで下さい」、「今は客室に入らないで下さい」といったメッセージを伝える言葉として用いられます。
ホテルの客室には必ず、ドント・ディスターブ・カードという、ドアのノブに掛けるためのフックがついたメッセージカードが備え付けられており、カードの片面には「起こさないで下さい」または「今は客室に入らないで下さい」という意味の「Don’t Disturb」 (ドント・ディスターブ)や「Please Don’t Disturb」 (プリーズ・ドント・ディスターブ)などのメッセージが書かれており、裏面に返すと、「Please Make Up」(プリーズ・メイク・アップ)や「Clean Up Please」(クリーン・アップ・プリーズ)といった 「部屋の清掃をお願いします」という意味のメッセージが書いてあることが普通です。
ハウスキーパーは、宿泊客の多くが外出し、客室には不在である場合が多い、午前中から夕方にかけての日中の時間帯に客室の清掃や管理に関する諸々の作業を行います。よって、ハウスキーパーに邪魔をされずに朝ゆっくり寝ていたい場合や、部屋に自分の荷物が散らかったまま外出しなくてはならず、ハウスキーパーなどに部屋に入ってきてほしくない場合などは、ドント・ディスターブ・カードを「Don’t Disturb」や「Please Don’t Disturb」と書かれた面が見えるように客室ドアの外側のノブに掛けておけば、ホテルのスタッフがドアをノックしたり、入ってきたりするようなことはありません。
また、これから外出するのでその間に客室内の清掃をしてほしいなどの場合は、ドント・ディスターブ・カードの「Please Make Up」や「Clean Up Please」と書かれた面が見えるように客室ドア外側のノブに掛けておけば、出かけている間に部屋の清掃やベッドメイキング、タオル類の交換、消耗品の補充などをしておいてくれます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる