宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ナイトマネージャーとは

ナイトマネージャーは直訳すれば「夜間の責任者」になります。小規模なホテルの場合は夜勤中心のスタッフのことを指したり、夜間のフロントスタッフの上に立つ存在を表したりしますが、通常は夜間のホテルにおける最高責任者であり総支配人代行を兼務する人のことをこう呼びます。ホテルによってはデューティーマネージャーと呼ぶこともありますが、ホテルのグレードや規模により呼称と位置づけには若干曖昧なところがあります。仕事内容は夜間の時間帯に起こる様々な出来事や問題に対処し責任を負う役職となります。ホテルに限らず事件事故等は夜間に起こることが多く、その意味でも迅速に的確に対応できるスキルが求められるポジションといえます。昼間のアシスタントマネージャーと同様に豊富な知識や経験が必要とされる上に、昼夜逆転をしてしまう勤務であるため体調管理を含めた自己管理の徹底も必要となります。ホテルの夜勤シフトには「ナイトマネージャーとフロントスタッフ」や「フロントスタッフのみ」などいくつかの形態がありますが、ナイトマネージャーが休みの時には、他の部門の責任者レベルの人が代行で入る「MOD(Manager on Duty)」という形態もあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる