宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ノットとは

ノットとは速度の単位のことで日本ではktもしくはknとして表されます。1時間に1海里(1,852m)進む速さのことです。ちなみに海里とは長さの単位で、地球の北極と南極を結んだ全周が約4万kmとして、その角度1分(1度の60分の1)に相当する距離、すなわち1,852mを1海里といいます。よって60海里の距離といえば約111kmになり、これは緯度でいう1度分の長さ(地球の全周の360分の1の長さ)に相当するわけです。1ノットのスピードを一般的に分かりやすい単位で言い換えれば、1秒間に約50cm動いている感覚になります。
ノットは国際単位系(SI)ではないのですが、船や航空分野では日常的に用いられている単位です。ところで地図から距離を測るときには留意点があります。丸い形をした地球を平らな面に展開した海図や一般の地図類は見やすさなどを考慮してどうしても歪みが生じますので、正距方位図法などの特殊なものを除いては単純に地図で2点の距離を測ってそれに縮尺率をかけても正しい値は算出できません。いわば球状に成形した紙をシワなく平らな1枚に伸ばすことが出来ないのと同じことです。一方、海図に示されている緯度や経度といった角度情報を利用して、地球の全周から割り出された単位であるノットを使えば、海図上で船がどれだけ進んだかが容易に分かり便利なのです。これが海図や航空図を使う時にノットが愛用されている理由です。
ノットは「結び目」という意味ですが、この言葉が単位名称に使われているのには古い歴史があります。現代のような正確な測定が出来るようになる前の時代では、一定間隔で「結び目」を作ったロープの先に重しを付け、それを走行する船から海上に落として約30秒の間に結び目が何個分、海中に引きこまれたかで速度を求めていたことに由来します。ちなみに一般的な貨物船が航行する速度は10から20ノット程度(時速換算で約18~37km/h)で、高速船の中には45ノット(約83km/h)まで出るものもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる