宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ノーショーとは

ノーショーとは、宿泊の予約をした人がキャンセルなど何の連絡も無く、最後までホテルに現れないことをいいます。宿泊施設に予約をしていたにも関わらず、当日なんの連絡もせずに予約をキャンセルしてしまうことをこのようにいいます。

無断キャンセルと同語。ノーショーの場合、ホテルはその現れなかった予約客の代わりに新たな宿泊客を泊めることもできないため、ホテル側にはとても迷惑となる行為です。近年この問題も顕在化しており、ホテルなどを予約するトラベルサイトなどでは、ノーショーと判断された場合に次回から予約ができなくなったり、ノーショーの経験ありと記されてしまったりと何らかのペナルティがあるようです。

予約する際の規定に記載がある場合がほとんどですが、当日の無断キャンセルは違約金を請求されることが多くあります。予約の際に予約金として預けたものがあれば、それがそのまま違約金となって支払いに充てられますし、クレジットカードの引き落としをされる場合もあります。 当日のキャンセルは宿泊施設にとっても客側にとってもメリットは1つもありません。 いけないことが分かったら、分かり次第連絡を入れるようにしましょう。

予定していた食事や部屋は用意されており、すでに費用が発生しています。そのため、ノー・ショウにおけるホテルへの損害は小さくありません。突発的な理由により予約のキャンセルを余儀なくされた場合はホテルへ連絡するのがマナーといえるでしょう。また予約のキャンセルについてルールを定めているホテルもありますので、予約をする際には必ず目を通しておくこともマナーです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる