宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ハブ&スポークとは

ハブ&スポーク(hub & spoke)とは、効率的な航空輸送の方法に関する考え方のひとつで、各都市を直行便ばかりで全て結ぶと無数に航路が必要となるところ、拠点となる空港(ハブ空港)を設けて、そこを中心に各都市の空港を放射状に結べば、航路の数は空港数−1で済むという考え方です。
本来の言葉の意味として、ハブ(hub)とは、車輪やプロペラなどの中心部のことを指し、スポーク(spoke)とは、車輪の中心軸と輪を繋ぐ棒のことを指しますが、ハブ&スポークのシステムが車輪の形状に似ていることから、このように呼ばれるようになりました。
広大な面積を持つ米国内で、各都市を直行便で結ぶには膨大な航空便数と軽費が必要となりますが、これを効率化するための方法として考え出されたのがハブ&スポークという考え方で、物流サービス分野における世界最大手である米国のフェデックス・コーポレーション(FedEx Corporation)の創業者であるフレッド・スミスが、大学時代に書いた「6箇所の空港を繋げば15本の航路が必要となるが、そのうち1つをハブ空港にすれば、5本の航路で済むことになる」という論文が原案となっています。
フェデックス・コーポレーションの航空貨物輸送で初めて取り入れられたハブ&スポークのシステムは、近年では世界中に広まり、大手航空会社や物流会社のネットワーク戦略として広く用いられています。
ハブ&スポークシステムのメリットとして、航空会社としては、航空機材および人材を拠点空港に集中させることで、航空機材および様々な人員、また、整備場などを効率的に運用することが可能になる上、利用客や貨物を効率的に輸送することも可能になります。また、旅行客としては、拠点空港を経由して多くの都市へ効率的に行き着くことが可能になります。
拠点空港をどこに定めるかは、空港の規模や設備などには関係なく、各航空会社ごとの事業戦略によるところが大きく、よって、その時々の社会情勢などによる航空会社の事業内容の変化に伴い、拠点空港が変更になることもよくあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる