宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ハラルとは

ハラル(ハラール)・・・経典コーランとムハンマドの言行を法源とするイスラム法において”許された項目”を言う。特に食べ物に限って決められているわけではなく、「やってもやらなくてもかまわないもの」と訳される。食べ物としては、野菜・果物・魚・卵・牛乳などがあげられ、動物の肉であっても、先ほどの手順が間違っていなければハラルとして食すことができる。
関連用語として、
ハラム(ハラーム)・・・ハラルの対照となる言葉。「嘘をついてはいけない」「物を盗んではいけない」など、行動理念的を含めた禁じられたものを指す。ハラルの反対の意味を持つことからノンハラルと言う場合もある。一般的にアルコールや、豚(加工食品などの派生物も含めて)を食べることがハラムとして知られる。日本ではあまり食材として扱われることのない犬やトラや猫、ロバやラバなどもハラムとされている。具体的に動物名があがっていない場合でも、屠殺の手順にもルールがあり(完全に血を抜くなど)、これに反して加工されたものもハラムとされる。
シュブハ・・・ハラルとハラムの中間的な概念で「疑わしいもの」を指す。これに属する食品はできるだけ避けることとしている。

豚肉を料理によく使用する東南アジア圏ではハラル・ハラムの区別が意識される。日本でも、訪日観光客の増加に伴いイスラム圏からの旅行者が増加傾向にあり、宗教的・文化的な問題として取り上げられる傾向にある。例えば日本の食文化の一つとして知られるラーメンも、トンコツスープなどはハラムに該当するわけだ。旧来衛生面など以外で気を付ける必要性の低い宗教的な意味合いで、提供する側の注意が必要になってきている。観光庁としても、「ムスリムおもてなしガイドブック」を刊行し、宿泊・飲食などの観光客受入れ事業者に対し、食生活をはじめ、文化的な考え方(礼拝への配慮など)に関する啓蒙を推進している。2020年の東京オリンピック開催が決定し、イスラム圏からの訪日外国人も増加することが予想されていることから、日本におけるハラルに対する啓蒙の重要性も高まっている。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる