宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

バジェットホテルとは

ホテルは、各ホテルの持つ施設の充実度と宿泊料金の高低により、ラグジュアリーホテル(最高級)、アップスケールホテルあるいはハイエンドホテル(高級)、ミドルタイプホテルもしくはミッドプライスホテル(中級)、エコノミーホテル(普通)、バジェットホテル(格安)の5つに分類され、最も安価な宿泊料金で泊まれるのがバジェットホテルです。
バジェット(budget)は英語で「予算」という意味の言葉ですが、「低予算の」という意味で使われることもあり、よって「バジェットホテル」とは「低予算のホテル」、つまり「格安ホテル」という意味になるのです。
日本において、バジェットホテルは客室単価が1万円を割るクラスのホテルを指し、宿泊するのに必要十分な設備が備わった客室に対する格安な宿泊料金からくるリーズナブル感と、たいていの場合に備わっている、駅に近いなどのホテルのロケーションの良さから、近年人気を集め、ここ数年で新興のホテルチェーンとして大きく成長を遂げたホテルが多くあります。特に、アパホテル、ルートイン、東横インは、バジェットホテルの御三家と呼ばれています。
なお、国際的には上述した5分類が一般的ですが、日本国内では、上記の5分類がさらに、ホテルの機能的特徴やターゲット顧客層の特徴ごとに、フルサービスホテルとビジネスホテルとリゾートホテルの3つに分類されています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる