宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

パナマックスとは

パナマックスとは、パナマ運河を通れる船の最大値を言います。全長294.1m、全幅32.3m、喫水(水に浮いている時の船底から水面までの垂直の高さのこと)12m、最大高57.91m、排水量 65000トン。パナマ運河は閘門式の運河で、地形との関係から船を上下させて運河を通れるようにしています。その際、前後の閘門の戸を閉めて運河の水位を調節して船を上下に移動させるのです。パナマ運河を通れない大きさの船は普通、南アメリカ下端にあるケープ岬、または南アフリカ下端にある喜望峰を通るので、時間も運ぶ費用もかかります。そこで、船を作る際にパナマ運河を通れ、かつ貨物もより多く運べるように作ったサイズがパナマックスです。しかし、パナマックスサイズの船の航行にはいろいろな問題があります。ギリギリのサイズなので、航行の際の技術が必要、日中のみ運行が可能、通過に時間がかかるため、他の船への影響があるなどです。2006年から始まった拡張工事は2016年に終了、現在のパナマックスのサイズは、全長366m(+72m)、全幅49m(+17m)、喫水15.2m (+3m)、最大高57.91m(旧サイズと同じ)となっており、現在ある大型貨物の約9割は通行可能になったと言われています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる