宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ビジネスホテルとは

ビジネスマンが出張などで利用することが多いことからこの呼称が定着したといわれています。都市部の駅前や商業地域、郊外であれば高速インターチェンジ周辺などに建てられ1970年代から1980年代のバブル期に一気に全国に広まりました。当初はバブル経済の影響もあり宴会場やレストランなども併設しシティホテルと遜色ない営業形態でしたが、崩壊後に法人客の減少などによる売り上げ減少でビジネスホテルは厳しい状況に陥ることになりました。それにより生まれたのが現在の宿泊に特化したスタイルのビジネスホテルです。特色としては宿泊料金を抑えるためにシングルルームをメインにし、フロント業務に機械を導入するなどの省力化、別料金ではない朝食やインターネットなどのサービス、さらには全国展開するためのリースやフランチャイズ契約などがあります。サービス面も必要最低限でその多くはセルフサービスになっています。このようにホテルの機能を宿泊だけに絞ったスタイルのホテルを別名でパジェット型のビジネスホテルとも呼びます。元々、ビジネスホテルという呼称自体が日本独特の和製英語で、欧米では一般的にバジェットホテルと呼ばれています。バブル期を経て進化し発展してきたビジネスホテル業界で現在も全国展開をしている代表的なグループとしては「東横イン」「ルートイン」「スーパーホテル」「ワシントンホテル(R&Bホテル)」「アパホテル」「ドーミーイン」などがあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる