宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

フランチャイズとは

加入者(加盟店)がチェーンに加入しその本部に対して加盟金やロイヤリティ(経営指導料)を払う代わりに、本部からマネジメントノウハウとチェーン名称使用権を得ることができるシステムをフランチャイズ方式といいます。本部のことを「フランチャイザー」、加盟店のことを「フランチャイジー」と呼びます。一般的な独立企業の場合、開業5年後の存続率が約25%であるのに対して、フランチャイズ方式の場合は約70%と圧倒的に高い成功率になります。その理由は全国展開をする前例の多さやその中の経験で培われた成功例の実績の多様さにあるといえます。ホテル業界においても現在様々な宿泊施設のタイプがありますが、その中でこのシステムの運営形態は「所有直営方式」「リース方式」「マネジメント・コントラクト方式」の3方式に区分されるといわれます。このうちのマネジメント・コントラクト方式の中の一つのパターンがフランチャイズ方式となります。通常のコンビニやファーストフード店のフランチャイズ方式と同じように、加入者(加盟店)は大手有名ホテルからのマネジメントのノウハウやホテルの名前を使用する権利や運営システムを得るためにそのホテルのチェーンに加盟します。加入者(加盟店)にとっての最大のメリットはなんといっても高度なマネジメントノウハウと有名な名称の使用権になります。一方本部(有名ホテル側)にとってのメリットは、自社ですべてを行った場合に比べ多額の費用をかけることなくチェーンを急速に展開できるということです。その逆にデメリットは、加入者(加盟店)は経営責任を負いますので経営が悪化しても本部にロイヤリティを支払い続ける義務も同じく負うことになります。一方本部としても高度なノウハウを継続して提供し続けなければ加盟者から離れられてしまうというおそれがあります。つまり、加入者(加盟店)側は単体で独立開業するよりも比較的開業しやすく利益も得やすいという反面、所有や経営、運営の責任を全て負うことになるためハイリスク・ハイリターンであり、本部側は経営責任は薄いものの、経営が好調であってもロイヤリティ分しか入ってこないためローリスク・ローリターンの経営形態であるということがいえるのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる