宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ブリッジとは

船長や航海士が船舶を操縦する場所をブリッジを呼び、日本語では操舵(そうだ)室、船橋(せんきょう)と言います。帆船が主流だった時代は、船尾に船輪が取り付けられていたため、船尾の甲板で操舵が行われていました。その後蒸気船になり、機械の力で船舶を操舵できるようになると、船全体を見渡すことが出来る船体の中央部に操舵室が儲けられるようになりました。更に外輪船が使用されるようになった際、見通しをよくするために両舷の外輪同士を橋のように繋ぎ、その上に操舵室が置かれていたことからブリッジと呼ばれるようになりました。

その後スクリュープロペラ船へと変化していき操舵室の置かれる場所も変化しましたが、ブリッジという名称は残り、使用されています。 操舵室のことです。中には計器やレーダーといった操縦に必要な装置が配置され、船長ならびに航海士らが操船を行う場所です。実際に舵を取る操作は操舵手が担い、船長や航海士は周囲の状況把握と適切な針路を指示する役割をしています。普段はセキュティ・機密維持のために一般人の立ち入りが禁止されている操舵室ですが、大手フェリー会社などは長期連休などの期間を利用して操舵室の見学会などが企画されており、貴重な機会とあって子供から大人まで人気を博しています。

なぜブリッジ(橋)と呼ばれているかというと、歴史を遡ること19世紀初頭、それまで帆船が中心だったところに蒸気機関を動力とする蒸気船が登場したことがきっかけでした。船の両側面についている大きな水車状の外輪や煙突といった蒸気船ならではの大掛かりな構造や装備が災いし、船尾にある操舵室からの視界が悪化していたのです。そこで両側面の外輪を保護する目的でそれぞれ設置されていたカバー同士を「橋」のように繋いでその上に操舵室を設置したことが由来となっています。操舵室の位置を少しでも高く見通しの良い状態を確保しようとしたのです。蒸気船が役割を終えた現代ではそのような橋構造は廃止されましたが、ブリッジという名称は今も残っているのです。

これは船橋(せんきょう)ともいわれ、操船に関する指揮所です。高所にあり、周囲の海上を見張りつつ適切な操船のための装置が置かれた指揮所で、船舶運航の中枢です。通常、船長や航海士などが詰めており、航海中は必ず24時間適切な人員によって安全な操船が執行される場所となっています。近年では、海難事故の原因の半数を占めるヒューマンエラーを減らそうという取り組みから、ブリッジを見直し、機器のIoT面を強化した完全自動運航を見据えた取り組みがされています。名前の由来は、外輪船時代に、船の全周を見渡せる左右の外輪覆いを接続していた橋状の構造物からきています。ブリッジは、乗組員でさえも限られた者しか入室できませんが、客船の場合、ゲストの「一度はブリッジを見てみたい」という要望にこたえる形で、「ブリッジ・ツアー」が行われることもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる