宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ホテルバウチャーとは

バウチャーは英語で証明書の意味です。ホテルの予約手配が完了した際に引き換えとして旅行代理店が発行する証明書もしくは予約確認書のことです。

客が宿泊予約をする際に料金を前もって支払うと発行されます。宿泊料金を支払ったことの証明書となるので、宿泊当日は現地でホテルバウチャーを提出するだけでお金を払うことなく宿泊することが可能になります。忘れてしまうと支払いの証明ができなくなってしまうので、出かける前に必ず忘れずに持っていきましょう。
パック旅行として旅行会社で宿泊を申し込んだ時に発行される場合が多いです。

宿泊当日にフロントにこれを提示すればチェックインの手続きがスムーズに進むことになります。またチャックアウトの時に万が一誤って宿泊料を請求されたケースでもこれを提示することにより支払い有無のトラブルを避けることができます。インターネットで予約をした際には利用客自らが書類をプリント印刷して持参することがほとんどです。その記載内容といえば、宿泊者の名前や人数やチェックイン日などの予約内容、支払い状況や緊急連絡先などです。緊急連絡先は変更になることもあるため、宿泊日の間際に印刷することをお勧めしています。航空会社が飛行機の運休やトラブルなどで旅客に対して宿泊施設の手配をした場合にもこれが提供されます。

英語のVoucherは証明書や領収書の意味になりますが、ホテル用語では宿泊予約をした時に発行される証明書のことです。旅行代理店の店頭で予約を入れると渡される紙です。宿泊サイトなどを経由して自分で予約を入れた場合は、登録したメールアドレス宛にバウチャーが添付されてきますので、それをプリントアウトして出発時に持っていきます。この時に登録したメールアドレスが間違っていると、バウチャーが届かないことになるので、ネット予約する際はメールアドレスをきちんと確認するようにしましょう。バウチャーには宿泊料金や日数、予約IDや宿泊者の氏名、連絡先、居住国情報に加え、予約した部屋数、エキストラベッドの有無や部屋のグレード、そして宿泊先の連絡先などが書かれています。ホテルの場所が分からないときやチェックインが遅れる等でホテルに連絡を入れたいときにも役立ちます。
ホテルのチェックインでフロントに渡す際、宿泊地が海外の場合はパスポートを添えて提出するのですが、その際に名前の表記などが一致しているかチェックをされますので、名前の表記をパスポートときっちり揃えておくとスムーズにチェックインが出来ます。ホテルによってはバウチャーが無くてもチェックイン出来るところもありますが、パスポートの名前とホテルの端末に登録されている宿泊予約者の名前が登録ミスなどで異なる場合に、バウチャーがなければ本人である確認が出来ず、宿泊を断られてしまいます。加えて、予約サイトの情報でバウチャーの提出が不要と書かれている場合でも、実際には要求されたという事例もありますし、スマートフォンに表示されたバウチャーの画面を見せても拒否されますので、必ずプリントアウトして紙の媒体で持っていくようにしましょう。特に海外旅行にお出かけの際には名前が一致しているかなど厳しく確認されますので、バウチャーを忘れずに携行することが望ましいでしょう。バウチャーには宿泊費を支払い済みか、あるいは後払いかの情報も記載されていますので、支払い済みなのにチェックアウト時に重ねて請求された際でも、バウチャーがあれば無用なトラブルを減らすことが出来ます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる