宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ポート・サイドとは

船首に向かって左舷のことです。昔の船、とくにバイキングの船には必ず右舷側に舵をとる装置が付いていました。そのため港につけて人や積荷の出し入れをするのは左舷側になりました。このことからポート(港)サイドと呼ばれるようになったと言われています。ただしこの呼び名が一般的になったのは19世紀半ばになってからのことです。もともとは積荷をする舷ということで「ラドボード(lad-board)」と呼ばれていて、それがなまり「ラーボート(lar-board)」になりました。さらにこのラボートが右舷を表す「スターボード」と発音が似ていてまぎらわしく、事故の原因となることもあったためにイギリスとアメリカの海軍で「ポート」に変えて使うようになったのが最初だといわれています。航海灯の色も左右舷で違い、ポート・サイドは赤色の航海灯を点けます。この慣行は現在の航空機でも取り入れられていて、人の出入り口は機体の左側にあり左翼にも赤色の表示灯が付けられています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる