宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

マスターベッドルームとは

主寝室のことです。スイートルームやペントハウスのように、複数の部屋構造を持つ客室では、寝室も2部屋以上存在しますが、その中で一番大きく立派な作りになっているのがマスターベッドルームです。中世のヨーロッパの貴族や城主らが寝室として使っていた部屋のことをそう呼んでいた名残です。ホテルのマスターベッドルームの場合、その多くは部屋から直接入れる専用のバスルームが用意され、入浴後にそのままベッドでくつろげるように設計されています。広さについてはもちろんのこと、キングサイズのベッドが用意され、内装や調度品も客室内で一番良いものが揃えられています。マスターベッドルームに次ぐ寝室はセカンドベッドルームと呼ばれ、床面積もやや小さくなり、2台のシングルベッドが用意されていることが一般的です。
一般住宅の設計においても限られた予算の範囲で、マスターベッドルームはホテルのスイートルームやリゾート地のような豪華なものに仕上げたいという要望は増えており、実際に壁紙から家具、照明機器や採光までこだわった施工事例を多くみかけます。お客様を招き入れるリビングやダイニングなどと異なり、ベッドルームは自分達の好みを存分に反映させることが許されたプライベートな空間だからです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる