宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

マスツーリズムとは

マスツーリズムのマスとは英語のmass(大衆)から来ていて、この言葉は観光旅行の大衆化の事を言います。今では当たり前の観光旅行ですが、昔は時間と多くの資産を持つ富裕層に限られた贅沢なものとして考えられていました。しかし第二次世界大戦後の急速な経済発展と共に大衆の経済力も向上し、観光旅行が商品化される事で幅広く普及して行きました。この現象は、経済成長の早かった先進国で始まり、1950年代にアメリカで生まれ更にヨーロッパへと広がりました。
日本は少し遅れて1970年に開催された大阪万博をきっかけにマスツーリズムが一気に進みました。その背景には戦後の経済成長による個人の所得増加だけでなく、新幹線の開業やジャンボ機の就航による輸送力向上、大衆向けの大型ホテルや旅館が日本各地で開業したこと、更に旅行意欲をかき立てる広告にツアー旅行の創出など様々な分野で環境整備が行われたことも大きく関わっています。
しかし観光地は観光客の増加によって多くの経済効果は得たものの、自然環境の破壊という深刻な課題も突き付けられる事となりました。マスツーリズムが始まった昭和の時代は大半はどれも似通った内容の団体旅行でしたが、インターネットが誕生すると情報量は莫大に増え旅行スタイルも多様化し、現在は個人旅行が主流の時代へと変化しています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる