宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

マタニティ旅行とは

マタニティ旅行とは、妊娠中の人の為に企画された旅行のことで、略してマタ旅とも呼ばれています。2014年に温泉法の改正で、妊婦の温泉入浴が可能となり、出産後の新生児連れの旅行は、子供にも親にも負担がかかるため、その前に安定している時期に旅行に出かけようという妊婦の数が上昇してきました。

これを機に、安定期5〜7ヶ月の間に旅行をする妊婦が増加し、施設側も妊婦さんが安心して過ごせるよう客室や浴室を改良したりマタニティプランを用意するなど工夫を行っています。

2015年、観光省の乳幼児連れ及び妊産婦旅行促進事業が発足、2016年には、障害者差別解消法の施行が決まり、観光の分野でも誰でも安心して旅行ができるように、ユニバーサルツーリズムを目指して環境の整備が進められています。露天風呂付きの客室や抱き枕やクッション、パジャマの貸し出し、ノンカフェインの飲み物や、体に良いとされるバランスのとれた食事メニューなどホテルや旅館でもマタニティプランを用意しているところもあります。2016年の母子健康手帳から旅と長距離の移動のポイントが追記され「妊娠中」「乳児連れ」「幼児連れ」の3つの時期に合わせて知りたい情報、配慮すべき点が書かれています。

温泉法が改正されたとはいえ、旅行自体が母体や胎児に負担をかける可能性は十分にあるので、旅行前には必ず医師に相談することをお勧めします。また温泉地など観光地は産院自体が少ないため、いざという時の為に近場を選ぶようにしましょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる