宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

メインデッキとは

客室の1階部分のことをいいます。ボーイングやエアバス社製の飛行機には2階にも客室を持つ機種がありますが、その他の旅客機ではメインデッキが主な客室部分となります。座席数は機種や機材によって異なりますが、例えばJALが保有するボーイング787型機の場合、160~200座席ほど確保されています。
飛行中にかかる力や、高い所を飛ぶことによる低い圧力から機体を守るために、その胴体の断面形状は丸型になっています。ちなみに胴体断面がなぜ丸い形状をしているかというと、四角い断面の胴体にすると角や面の部分が機体内外の圧力差によって変形しやすくなるためです。乗客を乗せることが目的の旅客機の場合は、出来るだけ多くの人を収容出来るよう、メインデッキは丸型断面の直径に近い中央部に設置されています。客室両側には窓が設置されており、アルミ合金などで作られた機体の強度を下げないように極力小さく作られています。なお、ボーイング社の現行機種である787型機は機体構造のほとんどを丈夫で軽い複合材料で作られているため、これまでより大きな窓が作れるようになりました。メインデッキの下の階層は主に貨物室として使用されており、上の階層は2階席部分がない機種ですと空調や配線設備が埋め込まれています。
メインデッキの床は梁と床板が合わさったような構造をしており、梁の部分で飛行中の胴体にかかる強い力を支える構造部材としての役割も果たしています。床板は靴底が細いヒールや荷物の角がぶつかることで生じる局所的な衝撃に耐えられるよう、軽量かつ耐久性のある複合材が使われています。2018年には強度と耐熱性を持つハニカム構造材をカーボンファイバー製の複合材で挟み込んだ丈夫な床板が登場しました。
なお、現行の貨物機の多くは旅客機をベースに機体内部を改装して使われていますので、そのメインデッキも座席がなく床板が強化されていることなどを除けば、その構造は基本的に旅客機と大きな違いはありません。前述のとおり、メインデッキの床の梁部分はそれ自体が構造部材として機能しているので、旅客を乗せる必要がない貨物機だからといって無くして空洞にすることは出来ないのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる