宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ユニバーサルデザインとは

国籍や人種、文化や言語、年齢や性別、能力差や障害の有無を問わずに出来るだけ多くの人にわかりやすく利用可能であるようにデザイン(設計)すること、もしくはデザインされたもののことをユニバーサルデザインといいます。UDと略称で表わされることもあります。これはアメリカのロナルド・メイス教授が1980年代に提唱した考え方であり、よりわかりやすく理解するために「誰でも公平に使えること(公平性)」「柔軟に使用できること(柔軟性/自由度)」「使い方が簡単でわかりやすいこと(単純性)」「必要な情報がすぐに理解できること(わかりやすさ)」「使い方をうっかり間違えても重大な結果にならないこと(安全性)」「少ない力で効率的かつ楽に使えること(省体力)」「使うときに適当な広さがあること(スペースの確保)」という7つの原則も唱えられています。小さな子供から大人まで、さらに高齢者や障害者も含めた万人に使いやすい設計という意味でいえば、ユニバーサルデザインはバリアフリーの進化形であるともいえます。バリアフリーが障害のある人を対象としてその人にとっての障害を取り除こうという考え方に対して、ユニバーサルデザインは最初の設計の段階からバリアのないデザインにしようとする考え方だからです。ホテル経営においてもこの考えを取り入れる取り組みが増えています。すべての宿泊客に対して快適で安全に過ごしてもらえるようにユニバーサルデザインを取りいれた館内設備を施すことをユニバーサル対応と呼び、それによって完備された部屋をユニバーサルルームとも呼びます。スロープのある出入口、ユニバーサルトイレ(多目的トイレ)、低位置に呼出ボタンを設置したエレベーター、段差のないレストラン、開閉が楽な扉、聞こえにくい人のためのタブレット端末でのサービスやアラートシステム、見えにくい人のための補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)などハード面だけでなくソフト面でも充実化が進んでいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる