宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ラナイとは

ラナイはハワイにある大型のバルコニーのことを意味します。元々ハワイ語で「外に向けて開けたリビング」という意味を持ちます。リビングと名のつくとおり、その場でくつろぐことを目的とした空間なので、椅子や机が用意されており、屋根も付いていますので、雨や直射日光を避けながら外の景色や風を楽しむことが出来ます。屋根と手すりが付いている点ではバルコニーと同じなのですが、ラナイは概ねバルコニーより奥行きがあって面積が大きく、家具が置かれている点が特徴です。壁が無いタイプはオープン・ラナイと呼ばれ、よりバルコニーに近い作りになっています。一方でガラスや壁などで囲われているものをエンクローズド・ラナイと呼び、こちらは室内空間の延長として使うことが出来ます。
特に高層ホテルに設置されてあるラナイは見晴らしが良く、海辺が見渡せたり、夜の涼しい風に当たりながらゆっくり夜景が楽しめ、セキュリティとプライベートが確保された贅沢な時間を過ごすことが出来ます。また、ワイキキなど風が強い地域ではラナイを小さめに作り、その分部屋のガラス面積を広げるなどして、安全な室内からの眺望を良くするといった工夫も見られます。逆にラナイを大きく作り、簡単な調理場を設けてその場でバーベキューを楽しめるように設計されているコンドミニアムもあります。このラナイという言葉は日本でも比較的奥行きのあるバルコニーを持った物件の呼び名に使われることもあります。
ハワイ州では景観保護のために外から見える場所に洗濯物を干してはいけないというルールがあります。ラナイも例外ではなく、外に面しているために同様に適用されますので、基本的に洗濯物は乾燥機を使うか、浴室などに干して乾かす必要があります。注意すべきなのはアメリカの乾燥機は高温になるため、衣類が縮んだり傷みやすい傾向がありますので、大切な服を現地で洗う場合は部屋干しするか、信頼できるランドリーサービスを利用することが無難でしょう。ともあれ、ハワイの湿度は低いので、Tシャツ程度であれば浴室に干しておけば翌朝には着られる状態まで乾くでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる