宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

レンタブル比とは

施設の延床面積に対する収益を生む床面積の比率のことを指します。この比率が低い場合は、一般に開放されているスペース(大浴場、廊下、休憩スペースなど)や厨房や倉庫などの運営に必要なスペースが広く作られていることを意味します。
レンタブル比率の低いゆったりとした作りは、サービスの向上や施設満足度の向上のほか、高級感も演出することができます。その一方で、収益を生むスペースが狭いので、収益を確保するには単価を上げるなど収益性を高める工夫をしなければ、採算が取れなくなってしまいます。立地など周辺環境によっても異なりますが、目安としてはシティホテルなら50%、ビジネスホテルなら70%以上のレンタブル比が必要とされています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる