宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ロードファクターとは

航空力学用語では翼が支える荷重比率のことを指しますが、一般の航空業界用語としては有償で搭乗している旅客の利用率を意味します。以降、ロードファクターのことをL/Fとして記します。似た言葉で搭乗率というものがありますが、こちらは無償旅客も含めることから、これと区別されます。ちなみに無償旅客とは、航空会社の社員が業務目的で利用する場合や、マイルなどの特典を利用して搭乗している旅客などを指します。よって、航空会社が収益を判断する際に用いる指標としては搭乗率よりもL/Fの方が用いられます。国内の主要航空会社が発表した資料によると、国内線より国際線のほうがL/Fは高い傾向があります。日本航空の場合、2013年度のL/Fは国際線が68.1%、国内線が61.3%と開きがあります。
仮に運賃が同一であれば、1人でも多くの乗客に乗ってもらい、L/Fを上げれば単純に収益も増えますが、近年では早期割引などの格安運賃制度が定着したことから、単に座席を埋めれば良いという時代ではなくなっています。大幅な割引をして座席を埋めても、それは利益に繋がるどころかマイナスになるからです。また、時期や路線、さらにはテロや伝染病など突発的な要因によっても売れ行きは常に変動しますので、現在ではL/Fに加えて、過去の旅客数の変動から需要予測などを行い、路線ごとに適切な座席管理を行い、それを迅速に反映させることで効率的な経営を行うイールドマネジメントと呼ばれる取り組みが行われています。たとえドル箱路線であっても、座席数を増やすために座席を狭くすると、それを乗客が不快に感じれば座席が売れなくなり逆効果になるといったリスクもあります。逆にビジネスクラスなどの上級席を広々とさせ、サービスの充実を図ることで人気化し、それに相応する運賃で乗ってもらえれば、座席が減っても収益的にはプラスになることもあります。このように、航空会社の運営には、L/Fと路線ごとの適切な座席配分を組み合わせ、多様化する旅客の意向を汲み取りながら収益を最大化することが求められています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる