宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ワードローブとは

ホテルの客室に備え付けられているクローゼット(衣装ダンス)のことです。海外ではワードローブと呼ばれることが多いです。ホテルの種類や規模にかかわらず、入り口ドアの近くにあることが多く、スーツやパンツなど衣類はもちろん、ベルトや小物類をまとめて収納出来る空間になっています。靴べら、アイロン、スリッパなどの備品や、ランドリーサービスを利用するときに衣類を入れる袋、靴の手入れグッズや貴重品入れなどが備わっており、特に中長期の滞在者にとって便利なものが揃っています。時にはベルトが張られたスチール製のパイプ椅子のような形をしたものにお目にかかるかもしれませんが、これはバゲッジラックというもので、スーツケースやダッフルバッグなど、大きな鞄を置いておく台として使います。スーツケースを床面に置くとしゃがんで出し入れすることになりますし、靴のまま歩く床面に直接置くことに抵抗がある人も多いですが、これにバッグを置くことで、立ったまま着替えの出し入れなどが出来るので大分楽になります。
特に海外でのホテルの宿泊時に、止む無く貴重品を置いて出かける際は、ワードローブに備えてある貴重品入れに保管しておきましょう。それでも盗難にあった場合、海外旅行保険が適用されるのは基本的に物品のみですので、貴重品入れであっても現金は入れずに必ず肌身離さず持つようにしてください。
高級ホテルやスイートルームなどのワードローブはウォールナットなどの無垢材が使用され、高級な室内の雰囲気に調和するように作られています。宿泊部屋のランクが上がるとワードローブの仕様も変わることが多いので、旅慣れた人であればその違いを見つけて楽しむのも良いでしょう。同じアイテムでも素材がアップグレードしていたり、貴重品入れはより大きくなり、ガウンやヨガマットが収納されていることもあります。ハンガーの数も部屋のグレードに比例して多くなる傾向もあります。このように大変便利に作られているワードローブですので、滞在中は大いに活用すると良いですが、いつもと違う場所に仕舞うことになるため、チェックアウト時はくれぐれも忘れ物のないよう、ワードローブの中を再度確認してから部屋を出るようにしましょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる