宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

国際観光旅客税とは

国際観光旅客税とは、日本を出国する際にその都度かかる消費課税で観光立国実現に向けて観光客により快適な旅行を楽しんでもらうためには、さらなる観光基盤の整備が必要となることから、2018年に法案が可決し翌年2019年の1月から開始されました。
この旅客税は日本国民だけに対するものではなく、訪日する外国人観光客も日本を出国する者として対象になります。飛行機や船の乗務員や強制帰国者、乗り継ぎ旅客(滞在が24時間以内であることが条件)、2歳未満児、1度出国して天候不良などやむを得ない理由で日本に戻ったり日本に緊急着陸した者など上記の理由に当たる人は徴収対象外となりますが、それ以外は、ビジネスや勉強、医療など観光以外の目的であっても納税しなければいけません。
徴収方法は出国時に空港で支払うわけではなく、空港利用税と同じ要領で航空券購入時に旅客税の1000円が上乗せされます。出国者から直接徴収するのは航空会社や船舶会社で、その後国へ納付されます。
国際旅客税は日本でのみ使われている名称ですが、アメリカ・イギリス・韓国・オーストラリアなど日本以外の国でも金額や条件は違いますが出国税は徴収されています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる