宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

地域おこし協力隊とは

地域おこし協力隊とは、過疎化や高齢化などが著しく悪化した地域に都市在住者などその地域以外の住民が一定期間居住して、地域を再生するための取り組みを行うことを言います。
地方おこし協力隊の資格は地方自治体により与えられ、住民票も現住所からその地へ移すことで、活動を開始します。
協力隊は、約1年から3年の期間地域おこしの協力活動を行います。活動内容は、地域資源を活かした事業づくりを行い、地域ブランドの開発や販売、販売促進の宣伝活動、農林水産業に関する仕事に携わることや、都市住民の移住を促進する活動、移住した住民と地域住民の交流支援といったものが主流ですが、地域によって細かな活動目的は変わる場合が多いです。
この制度は2009年に総務省が制度化したもので、政府は地域おこし協力隊が一定活動期間を終えた後も、地域力の維持や更なる強化を期待し、隊員の定住を推進しています。しかし、この制度によって全ての地域が活性化されているわけではなく、隊員の受け入れ態勢が整っていないまま募集を行い失敗するケースや隊員と地域住民のコミュニケーションがうまくいかずに衝突してしまうケースも多く、環境改善への課題も多く抱えています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる