宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

宿泊税とは

色々な場所に観光しに行く方にとって宿泊税という税金が徴収されて不思議に思われた方もいるかもしれません。宿泊税が取られる場所と取られない場所があるからです。
宿泊税は日本では最初に東京都で導入された税金です。観光振興を目的としており、ホテルや旅館に宿泊した際に、東京都では10,000円以上で100円、15,000円以上で200円が徴収されます。
宿泊税は2002年に東京都で導入されましたが、2017年には大阪で、2018年には北海道の倶知安町で、2018年には石川県金沢市で導入され全国的に広がりを見せています。
宿泊客にとって余分なお金が徴収されることは負担ではありますが、訪日観光客の需要拡大を目的とした税金の拡大は日本にとって必要なことかもしれません。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる