宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

湯の花とは

硫黄やカルシウム、アルミニウムなどは温泉に溶け込まない性質を持っています。これらの成分が固体として検出されたり、浮かび上がってきたりすることがあります。これを湯の花といいます。源泉から湧き出た湯が大気に触れ急激に冷却されると、酸素との化学反応によって、浴槽の底に湯の花がたまったり、表面に浮き出てきたりすることがあります。湯の花は浴槽の汚れと認識されることもあるので、但し書きしている入浴施設もあります。
大分県にある別府温泉や群馬県にある草津温泉では、湯の花づくりが盛んです。湯の花は一般的に入浴剤として販売されています。また、湯の花には硫黄成分が入っているため、害虫駆除として使われることもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる