宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

特別補償とは

企画旅行中に万が一の事故が発生して旅行者に損害が出た時に支払われるお金のことです。その制度のことを特別補償制度といいます。企画旅行というのは旅行会社が主催するパッケージツアーのような募集型企画旅行のことと、行きたい場所やオプションなどを申し出て企画してもらう受注型企画旅行のことです。よって、チケットや宿の予約だけを取ってもらう手配旅行はこの補償に該当しません。旅行業法の中にある標準旅行業約款によると旅行会社は旅の企画やそれにともなう宿やチケットの予約を行うまでを担当し、旅行サービスそのものに対しての責任は負わないものとされているため、例えば旅行中のバス移動で事故に遭ってしまっても旅行会社に責任はありません。ただし、旅行者保護を第一に考えて作られている旅行業法及び約款ですので、不慮の事故によって生じた損害に対しては、特別補償制度という形で救済されるようになっています。これは特に海外での事故発生時に頼りになる補償です。例えば海外で起こったバス事故であれば、当然バス会社に損害賠償を要求するのですが、言葉の問題や現地の裁判所で提訴する準備が必要となるため素人では対応が難しく、現地の補償を引き当てるまでに時間がかかるなど問題が生じやすいのです。このような場合、命や体に関することであれば死亡補償金や入院時の見舞金が、手荷物品の損害であれば15万円までの補償金が支払われます。そして旅行会社には、企画した旅行サービスについて目的地や旅程、サービスを提供する機関を選ぶ際に安全に十分な配慮がなされていたか、そして事故発生時に添乗員の対応が適切だったかなどが問われます。もし旅行会社側に1つでも落ち度が認められた場合には、特別補償だけでなく、旅行会社自身も個別に賠償責任を追うことになりますが、過去30年の裁判事例をみると旅行会社側の過失が認められたケースはほとんどありません。
旅行会社の多くは特別補償を負担するときのために旅行特別補償保険に加入しています。大手旅行代理店が会員母体の日本旅行業協会(JATA)は旅行会社の保険負担を軽減するための包括契約割引も受け付けています。旅行者数に応じた金額の保険金支払いで済むため、無駄がなく、企業規模の大小に影響されにくいプランになっています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる