宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

産業観光とは

産業観光とは、歴史的や文化的価値のある昔の工場や産業発祥となった地に残された遺構や遺産、またその地域で生まれた産業に関するもの(職人や製品など)などものづくりの心に触れる観光の事を言います。
以前は特に注目されていなかった産業が最近になって自然や文化遺産と同じ視点で注目され観光資源の一つとして人気を呼んでいます。
産業観光は産業革命発祥の地であるイギリスで誕生し、その後ヨーロッパにも広まりました。ワインが有名なフランスでは、ワイナリーの見学、ドイツでは社会科見学で工場を見て回ることが定着しています。
観光立国を目指す日本も、2008年に観光庁が発足されると国土交通省や経済産業省からの推進もあり、産業観光の発展が国策に掲げられました。この背景には、石見銀山遺跡や富岡製糸場、明治日本の産業革命遺産などが世界遺産となったことが産業遺産を観光資源の一つとして利用するきっかけとなり、こうした世界遺産や産業遺産を巡る旅行は国内だけではなく海外でも人気を呼んでいます。今では企業と行政が協力し合い、北海道から沖縄まで全国の様々な工場や産業に関わる施設が一般開放されています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる