宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

航空管制とは

航空管制は地上から飛行機に対して指示や情報を与える役割を持っています。航空管制官が主にその業務を実施します。
実はターミナル空港のような大きな空港の周りは飛行機が何機も飛び交っています。よって、正確な指示をそれぞれ飛行機に搭乗しているパイロットに与えないと、空港が飛行機で渋滞してしまったり、最悪の場合は事故が起こる可能性もあります。
そこで空港付近の飛行機情報をレーダーを通して確認し、空港への誘導やコースなどを指示しているのです。
また、この業務にはとてつもない集中力が必要とされています。一瞬の判断ミスが大事故に繋がる恐れもあるためです。よって、管制業務は30分ごとに交代する必要があるということです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる