宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

鉱泉とは

鉱泉とは、地下から湧き出る水のうち、特殊な物質を含んだ水のことを意味します。日本の温泉法では、地表より温度の高い、水温25度以上の水を温泉、25度未満の場合は鉱泉となっています。しかし環境省の定義からいけば、温度に関わりなくすべてが鉱泉であるといえそうです。もともとはドイツのバート・ナウハイム温泉の鉱泉を基準にして、20度以上の水を鉱泉と定義していました。ちなみに、鉱泉のなかでも、病気の治療を目的にした鉱泉のことを療養泉と呼んでいます。また、兵庫県の城崎温泉や有馬温泉、愛媛県の道後温泉などでは、鉱泉を組み込んだせんべいがお土産として販売されています。名前は「炭酸せんべい」です。パリパリッとした触感を楽しみながら、まちの散策を楽しむのもよいかもしれませんね。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる