宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

間欠泉とは

間欠泉とは、一定の時間をおいて地下から噴き出してくる高温の水蒸気や湯のことをいいます。その仕組みには二つの説があります。一つ目は、地下にある空間に水が溜まっていき、その水が地熱によって温められ、それが水蒸気となって一気に噴き出す説です。

もう一つは、次の仕組みです。まず地面から垂直に下に伸びている空間のなかに水が溜まっていきます。そして、それが地熱によって温められ、底のほうから沸騰した水が空間内に溜まった水の温度を下のほうから上昇させ、それに圧迫されるかたちで地表に噴き出すというものです。地震などの自然災害が起こると、空間が壊れ噴き出さなくなることもあります。日本には、北海道の登別温泉や、静岡県の熱海温泉、大分県の別府にある柴石温泉に間欠泉があります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる