宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

露天風呂とは

以前は温泉といえば施設内にある施設のことを言いました。しかし、1980年代の温泉ブーム以降、露天風呂の人気が爆発し、旅館の温泉施設に隣接して整備されるようになりました。
屋外に設けられた施設のため、温泉に入りながら自然を楽しんだり、開放感を味わうことが出来るとあって人気が出たということです。
大浴場の隣りにあるのが一般的で、入浴客で共用するものでしたが、最近では露天風呂が併設された客室や、貸し切り露天風呂なども増え個人で楽しむことが出来る施設も多くなっています。
露天風呂は屋外に施設があるため、入浴客が常に外気に触れることができ、のぼせにくいという特徴があります。開放感があるためリフレッシュ効果も高く、ついつい長居してしまう施設です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる