宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)とは

客室総収入を販売された部屋数で割ったものをADRと呼びます。単位をつけるとすれば(円/室)となります。これはホテルの魅力や競合施設との優位性を測る指標として使われます。そして算出されたADRを他ターゲットのADRで割って100を掛けることでADR指数が算出されます。例えばADRが5,000円/室の宿泊施設Aがある場合、同地域ならびに同グループにおける平均も5,000円/室であれば、その宿泊施設AのADR指数は100となります。一方、ADRが6,000円/室の宿泊施設Bの場合だと同指数は6,000/5,000×100=120となり、その施設は平均よりも稼いでいる(優位性がある)とみなすことが出来ます。そしてADRが4,000円/室の宿泊施設Cの場合は4,000/5,000×100=80となり、魅力的な集客が出来ていないということになります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる