宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

VATとは

VATとは英語のValue Added Taxの頭文字を取ったもので、間接消費税の一つです。日本では主に付加価値税と言われていて、VATの導入が義務づけられているEU圏を始め多くのヨーロッパ諸国やアジア諸国でも適用されていてます。
VATは日本の消費税に似たものですが、この二つが違う点は課税対象となる物品やサービスの税率がそれぞれ異なるというものです。付加価値税という名の通り、付加価値によってその税率が定められるので高級なものにはそれだけ高い税率、食品や日用品には軽減税率制度から低めの税率が掛けられる仕組みになっています。標準税率の下限は15%ですが、逆に上限は決められておらず税率は国によって違いますので、事前に知る必要がある場合には、その国の標準税率と対象品の税率の両方を確認する必要があります。
日本人旅行者は、現地での購入金額が基準値を越えると免税となり、VATが返還されます。ヨーロッパでは商品購入時にお店で免税の手続きをすると、EU圏を出国する空港にてその分が払い戻しされます。免税手続きには、パスポートが必要になりますので注意が必要です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる