宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

アメリカンブレックファーストとは

アメリカンブレックファーストとは朝食の形態のことを指し、紅茶、コーヒー、ジュースなどの飲み物、パンまたはシリアル、フルーツ、チーズなどのコンチネンタルブレックファーストと呼ばれるものに、火を使って調理した料理が加わります。多くの移民から成り立った国アメリカは、その地域ごとに朝食に出てくるメニューも変わってきますが、ホテルで出される一般的なアメリカン・ブレックファーストは、たまご料理と一緒に焼かれたソーセージやベーコンが付いています。たまごの焼き方を目玉焼き、卵焼き、両面焼き、片面焼き、ゆで卵などと細かく選べるところもあります。コンチネンタルブレックファーストと比べると、ボリュームが多く温かいのが特徴です。

つまりアメリカン・ブレックファストとは、ホテルで食べることができる洋式の朝食のひとつ。いわゆる「アメリカ風の朝食」を意味します。パンもしくはパンケーキ、ワッフルにジュースやコーヒー、紅茶などの飲み物と、ハムやベーコン、ソーセイジなどの肉料理、オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼き、ゆで卵などの卵料理から好きなものをそれぞれ組み合わせて選べます。ホテルによっては、フルーツやサラダがつけることができます。朝食のメニューとしては、家庭でもよく食べられる内容になっているので、ビジネスで宿泊する人や旅行先でも朝食はふだんとあまり変えたくない、朝はあまり食べないといったお客様にオススメできる安心感のある定番のブレックファストになります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる