宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

アンカーとは

日本語で「錨(イカリ)」と呼ばれる道具で、船艇を安全に繋ぎ止めておく用途に使われています。同じ意味・音で「碇」の漢字も存在しますが、これは昔、和船の停泊に木や石を使っていたことから、当時の表現をする時にあてがわれることが多く、現在主流となっている洋船由来のイカリはこれと区別するべく「錨」の漢字が主に使われています。錨はロープや鎖(専門用語では錨鎖(びょうさ)といいます)を介して船へ接続されていますが、船が荒天時などでも流されることのないように十分なマージンを配慮して船の仕様ごとに装備すべき水準のものが船舶設備規定で定められています。基本的に錨の形状は先端付近から分岐し、先が刃状になったものが一般的ですが、この形状によって海底の砂や泥で覆われた部分にしっかり食い込ませることが出来ます。錨そのものの重量から発生する抵抗力(下向きの力)と、独特の先端形状による海底への食い込みで発生する抵抗力の合算によって錨はその本来の性能を発揮しているのです。

さらに、抵抗力の発生源は錨本体だけではありません。目立たないですが錨鎖そのものの重量も大きな抵抗力の源となっているのです。例えば大型船の場合、錨鎖の長さは数百メートル規模になるため、その重量が錨本体の重量よりも大きくなるからです。よって船を繋ぎ止めている巨大な抵抗力は「錨自体の重量による抵抗」+「錨先端の食い込み抵抗」+「錨鎖の重量による抵抗」を組み合わせたものなのです。当然この抵抗力は、長い錨鎖を持つ大型船の場合に特に大きくなるので、停泊させておくために十分な余裕が生まれます。ゆえに海底が岩場などで錨が抜けなくなる恐れのある場合は、海底まで錨を下ろしきることが出来ませんが、それでも深いところまで下ろしておくだけで食い込み抵抗に頼ることなく停泊のために十分な抵抗力を確保することが出来るのです。一方、中規模以下の船舶においては、錨や錨鎖の重量抵抗よりも食い込み抵抗のほうが重視されます。よってそれらの錨については食い込み抵抗の高い形状や材質を採用した機能性の高い錨も開発されています。そのために用いられる材料は、強度や耐食性の高いアルミニウム・マグネニウム合金や高張力鋼などがあります。また、腐食防止のための亜鉛メッキで表面処理が施されたものもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる