宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ゴーショーとは

Go-showとは、当日の宿泊予約のないゲストが来館することをいいます。

ゲストから「予約をする」という行動があったものの、ゲスト自身あるいは宿側の手違いでキャンセルしてしまったが、気づかずにゲストが宿を訪問して、宿泊を希望することを意味します。宿側の手違いであった場合、空き部屋があれば提供できますが、そうでない場合もあり、取り扱いが難しくなります。宿側の過失として多いのが、予約時の確認漏れがあります。電話では特に聞き間違いが発生しますので、数字・日付には特に注意し、言い換えや曜日も付け加える等で、互いに間違いを防ぐことが必要です。宿によってはウォークインとも言いますが、ウォークインはそもそも予約が存在しないので、厳密には違う言葉です。

Walk-inという言葉の意味と似た部分があるため、間違って認識されることがあります。Go-showは、ゲスト側で宿泊の予約をしたものの確実に最後まで確認が取れていなかった場合、あるいは何らかの理由で間違ってキャンセルしてしまった、されてしまった場合にそのまま来館してしまうことを指します。一方、Walk-inの場合は、予約そのものを全くしていない状態で来館することを意味します。予約という行為を行ったかどうかが、キーポイントになります。 空き室に余裕がある場合はどちらも対応してもらえますが、満室の場合は、ゲスト側にとってはもちろん、ホテル側にとってもありがたくない状況であることは確かなようです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる