宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

サテライト民泊とは

サテライトとは「衛星」のことで、もとのものから離れていることのメタファーとして使われています。つまり、サテライト民泊というのは、勘定を行う場は一つだけれども、宿泊する場所は複数にまたがっている民泊形態のことを指します。しかし宿泊する場所どうしが遠く離れていては、何かあった時に対応できないため、歩いて10分以内の距離のうちで運営されていなければなりません。地域一体の誰も住んでいない古い家を改築して、観光客が宿泊できるようにし、その地域でサテライト民宿を運営する方法が注目を集めつつあります。サテライト民泊には二つのタイプがあります。一つは、一つの事業者が複数にまたがる場所を一括して運営するタイプです。もう一つは、複数の事業者が共同で帳場を置くタイプです。前者のタイプに関しては、現在の旅館業法の範囲内で適用できますが、後者のタイプでは範囲外になってしまうので改正の検討が進められています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる