宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

スキッパーとは

日常でも耳にすることのあるスキップという英単語には「はねる/はね回る」という意味のほかに「急いで(こそこそ)立ち去る/逃げ出す」という意味があります。そこから派生してスキッパーは「急いで逃げ去る人」のことを表し、ホテル業界で業界用語として使用される場合には「利用料金の支払いをしないで逃げだす人」のことを指します。利用客が意図的かつ故意に行うことであり、ホテルの料金後払いシステムを悪用した明らかな犯罪となります。スキッパーによる被害例としてよくあるのは、二泊以上の予約をして一泊した後に外出しそのままホテルに戻らない場合や、前日や当日に予約したりまたは当日に飛び込みという形ででチェックインしたものの、滞在を延長することでホテル側を安心させておいて逃走するというケースなどです。防止策としては、ビジネスホテルでは事前清算が主流になっていることや、その他のホテルでもチェックイン時に預託金を現金で徴収したり、クレジットカードによる相当額の支払い伝票を発行したり、長期滞在に限っては一定期間の清算をきちんと実施したりすることなどがあります。また現在では精度も高く性能も良い防犯/監視カメラが犯罪の抑制力になっています。また万が一被害に遭った場合には同地区内の同業他社にいち早く被害情報を流して再発を防ぐことも重要な防止策の一つとなります。

チェックアウト時の料金を支払わない顧客がいます。意識的にそういったことを行う顧客をスキッパーと呼びます。チェックアウトをスキップすることから由来しています。
旅行ツアー客など事前精算が完了している顧客に対しては支払いがないという心配はありませんが、ホテルが宿泊客に対して都度身元確認するケースは多くなく、スキッパーが発生するケースがあります。
スキッパーに対するホテル側の対応策としては、チェックイン時に事前に宿泊代の一部を支払ってもらう手段があります。残りの金額はチェックアウト時に再度支払う必要があり顧客にとっては手間が増えるとも言えますが、お金を払う意識を持っていない人に対する対策としては効果的です。
また、海外などであれば身元確認手段としてパスポートの提示が求められます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる