宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

バンクベッドとは

2段ベッドのことです。バンク(bunk)は寝台を意味する英語です。バジェットタイプ(格安で泊まれる宿種)のゲストハウスやホステルでよく見かけられます。日本ではカプセルホテルの多くが2段ベッドを採用しています。バンクベッドにする一番のメリットは、1人分の寝台面積で2人分の就寝スペースを生み出せるので、狭い客室の貴重な空間を無駄なく利用することが出来る点です。
1人分の寝床であれば、ベッドごと壁に立てて仕舞えるタイプのマーフィーベッドもありますが、出し入れの煩雑さと収納時の空間を壁側に確保する必要があるため、スペースに余裕のない客室の場合は据え置き型のバンクベッドのほうが使い勝手の良さで普及しています。
ホテルに設置されているバンクベッドは長さが195cm、幅が120cmほどあるのが一般的で、狭苦しさをさほど感じず、身長の高い人も横になれるサイズになっています。ニューヨークなど地価が高い都市中心部にあるホテルで宿泊するときには、1人でもバンクベッドのある部屋を選んだほうが割安の料金で泊まれることがあります。
ところで、最近では点在する空き物件を有効活用する目的で、それぞれを小さな宿として再利用するという、イタリア発祥の「分散型ホテル」構想が注目されています。物件それぞれにコンセプトを持たせて、デザイナーが客室の内装を手がけ、一部にはレストランなどの機能を割り当てます。宿泊客はその間を行き来しながら観光を楽しむことで、地域と一体化する新しいホテルを提供しようというものです。元々ホテル用途に確保された用地や部屋ではないため、そのまま客室として使おうとするとスペース的に難が生じることがありますが、そのような場合でもバンクベッドを採用することで2人部屋を確保することが出来ます。このように、最近ではバンクベッドは安価な客室に使われているだけでなく、個性的な空間を有効活用出来る利便性の高い設備として積極的に取り入れる施設も増えています。ホテル用寝具で有名なイギリスの名門ブランドであるスランバーランド社は客室向けに高級なベンクベッドを提供しています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる