宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ファンネルとは

船舶に備え付けられている煙突のことを言います。そのサイズや形状は、船体の重心や復元力に影響します。ます。通常外観から確認出来る煙突は化粧煙突(ダミーの煙突)であり、その中にはエンジンやボイラーなどの船舶のエキゾーストパイプが設置されています。ファンネルには船会社の象徴として個性豊かな「ファンネルマーク」と呼ばれる模様や塗装が描かれています。このファンネルマークはどこから見てもはっきりと見えるため、船舶会社を一目で識別することが出来るのです。国際的に、水上の事故(座礁、火災など)が起きた際にはファンネルマークを塗り潰すことが慣習となっています。

特に大型船などでは外部から見た時に大きく立派な円すい形状をした煙突らしき部分が見られます。燃料に石炭を使っていた19世紀初頭の蒸気船の場合には、細長く高い煙突から黒い煙をもうもうと出していましたが、使用燃料も変わり内燃機関になった現代の船はそれほど多くの排気ガスや煙を発生することがないため、実際の排気設備は外から見える円すい形状の外枠の中にコンパクトに収まっています。用途別に分けて束ねられた排気管は機関室などへと繋がっており、エンジンや発電機の排気はもちろん、燃料や潤滑油などを温めたりする目的で使われるボイラーの排気や機関室の熱も排出できるようになっています。もちろん排気管の材質には難燃材が使用されており、万一の機関室の火災時には延焼防止のために排熱口を塞ぐことが出来ます。排気管は上向きに設置されていますので雨水を逃がすためのドレン抜きも設けられています。 ところで、なぜ煙突の外枠を必要以上に大きな形状にしているかというと、一つはそのほうが船全体の見た目のバランスが良いこと、そしてもう一つの理由として大切なのは、船の所属を示すファンネルマークを目立たせるためなのです。

燃料に石炭を使っていた19世紀初頭の蒸気船の場合には、細長く高い煙突から黒い煙をもうもうと出していましたが、使用燃料も変わり内燃機関になった現代の船はそれほど多くの排気ガスや煙を発生することがないため、実際の排気設備は外から見える円すい形状の外枠の中にコンパクトに収まっています。用途別に分けて束ねられた排気管は機関室などへと繋がっており、エンジンや発電機の排気はもちろん、燃料や潤滑油などを温めたりする目的で使われるボイラーの排気や機関室の熱も排出できるようになっています。もちろん排気管の材質には難燃材が使用されており、万一の機関室の火災時には延焼防止のために排熱口を塞ぐことが出来ます。排気管は上向きに設置されていますので雨水を逃がすためのドレン抜きも設けられています。
ところで、なぜ煙突の外枠を必要以上に大きな形状にしているかというと、一つはそのほうが船全体の見た目のバランスが良いこと、そしてもう一つの理由として大切なのは、船の所属を示すファンネルマークを目立たせるためなのです。ファンネルマークとは、船会社ごとにデザインされた独自の色やロゴなどのことで、煙突に付けられたそのマークを見るだけでどこの船会社なのかが分かるような目印になっているのです。例えば日本郵船のファンネルマークは紅白の縞、商船三井は朱色一色など、遠くから見ても視認性が良いものが多いです。もちろんこのマークは近年人気を博しているクルーズ船でも同様で、商業船よりも華やかなデザインが多く見受けられます。そして系列会社同士でロゴのイメージをある程度統一していることが多いので、そのマークを見て所属を類推する楽しみ方もあります。例えば人気クルーズ客船である飛鳥IIは日本郵船の子会社である郵船クルーズが保有しているため、そのファンネルマークは日本郵船の紅白の縞をモチーフにしたデザインになっています。かつてはファンネルマークの百科事典ともいうべき船舶煙突マーク集という本が発売されるなど、ファンネルマークは古くから船舶愛好家だけでなく一般に広く親しまれているのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる