宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ペントハウスとは

ホテルの屋上もしくは上層階にあり、全客室の中で一番高価な部屋群のことです。複数の部屋構造を持ち、延床面積も特に広く確保されています。一部のホテルでは略してPHと表示されていたり、ロイヤルスイートやプレジデンシャルスイートと呼ばれていることもありますが、いずれもスイートルームの最上級といった位置づけになっています。宿泊価格は一般的なスイートの倍以上になることが多いです。
ペントハウスの利用者はスイートに設けられている専用ラウンジが使えるのはもちろんのこと、コンシュルジュが常駐し、移動手段の確保や旅程の調整など細かなことまで担当してくれます。
ホテルは部屋ごとに定員が決められているため、どれほど広いお部屋であってもその人数を超えて宿泊することは出来ないので、ペントハウスをはじめとするスイートは少人数でゆったりと利用する富裕層向けの贅沢な空間になっています。宿泊人数はベッドの数でも判断出来ます。キングベッドルームとツインベッドルームが1つずつあるペントハウスであれば、2名x2部屋で合計で大人4名となります。子供など未成年者が居る場合はそれにプラスされることもあります。
タイのバンコクにある人気エリアで特に発展が著しいスクンビット・ソイ24と呼ばれる都会的な地区にそびえ立つエンポリアム・スイートホテルが提供するペントハウスは515平方メートル、3バスルームを備え、その巨大なスペースをたった6名で専有するプランです。客室内部にはミニバーがあり、ゴールドで彩られたジャグジー、12名が会食出来るダイニングや屋外庭園など、そのすべてが他のスイートと桁違いの王族仕様となっています。
インターネットでいつでも宿泊予約が取れるのはジュニアスイートなどスイートのエントリークラスまでが多いので、ペントハウスなど上級スイートの予約を取る際には、慣れた人であれば直接ホテルに連絡を入れることも出来ますが、一般的には大手旅行代理店の専用窓口やクレジットカード会社のコンシュルジュサービスに相談すると良いでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる