宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

内湯とは

温泉旅館に泊まった時、館内説明のパンフレットに内湯3つ、外湯2つなどと書かれているのを目にした事があります。

最近では旅館の建物の中にある風呂を内湯、露天風呂など外にある風呂を外湯と呼ぶことが多くなってきました。しかし、内湯という言葉は今とは違う意味で使われていました。昔は現在のように、採掘技術も、配管などの配湯設備もありませんでしたから、自然に温泉が湧き出たところに簡易の建物を建てて共同浴場として利用し、その周りに温泉に来た人達が泊まれる宿が建っていました。近年になると、鉄道網の発達で人の移動が容易になり、温泉客が増加してきます。そして、温泉をつくる際の技術も向上したために、それぞれの宿でも自分たちの風呂を持つようになり、それを内湯と呼び、外にある公共浴場を外湯と呼んでいました。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる