宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

二次交通とは

二次交通とは、旅行客が到着する空港や港、鉄道駅などから目的の地までの交通のことを言います。移動の利便性というのは、観光地としての地域振興や旅行客にとって魅力ある土地づくりには欠かせない要素で、この二次交通を充実させることによって不便な場所が不便でなくなり、より多くの旅行客に訪れてみたいと思わせることができると考えられています。ここ最近では、自治体と民間企業の協力によりシャトルバスや乗り合いのジャンボタクシーを運行したり、路線バスの充実化や自転車のレンタルサービスなども始まっています。以前は宿泊施設が無料送迎バスを運行しているのが主流でしたが、こうしたシャトルバスや乗り合いタクシーが到着地から宿泊場所や主要観光地を循環し、荷物はあるけどそのまま観光地へ行きたい旅行客が手ぶら観光出来るよう荷物だけ宿泊施設へ運び、旅行客はそのまま観光地へ行けるなどより高い利便性を考えた工夫がされています。
この取り組みは、利便性向上だけではなく自家用車の利用制限にも繋がり、渋滞緩和や地球温暖化防止といった点でも期待が出来ます。
しかし、観光における二次交通はまだまだ発展途上の段階で、観光地が広く点在したり、観光地が隣接した県に近い場合など様々な環境に対応出来るよう広範囲での整備も必要とされています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる