宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

国家戦略特区とは

「国家戦略特区」とは、「“世界で一番ビジネスをしやすい環境”を作ることを目的として、ある分野や地域を限定することによって、今までできなかったような大胆な規制・制度の緩和や税制面の優遇を行う規制改革制度」を指しています。
簡単に言うと、日本の経済成長をより促進するために、国が指定した特定の地域では、税制優遇や規制・制度の緩和が行われるのです。第二次安倍晋三政権によって、平成25年度には、関連する法律が制定されました。そして、平成26年5月に最初の区域が指定されることになりました。特区として選ばれているのは、次の10地域です。関西圏・養父市・広島県・今治市・福岡市・北九州市・沖縄県・仙北市・部新潟市・東京圏・愛知県です。
これらの国家戦略特区における規制改革の内容は、規制改革メニューと呼ばれ、11分野で92事業があります。分野としては、観光、都市再生、創業、外国人材、雇用、医療、介護、保育、教育、農林水産業、近未来技術です。日本全国に展開していき、規制改革の促進が図られています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる