宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

手配旅行とは

旅行会社が取り扱う旅の種類には、旅行業法で決められた募集型企画旅行や受注型企画旅行、手配旅行の3つがあり、手配旅行がその中の一つにあたります。旅行会社が旅行者の依頼を受けて、飛行機や電車、バスなど運送にかかわる手配、また宿泊に関する手配を引き受ける契約になります。航空チケットや宿泊などに関して個別で旅行会社から予約購入する場合の個人旅行も手配旅行の中に含まれます。
他の2つの企画旅行と大きく違う点は、法律上の注意義務を持って手配業務を行った時点で責務が終了するということです。旅行が予定通りに実施されるための「旅程保証」の責任や、旅行中のトラブルや事故などに対処する「特別保障」といったルールは適用されないので、例え宿泊先が満室であったり、飛行機が予定通り運行しないなどの予期せぬ事態が起こっても全て自己責任、自己対処となります。旅行会社はこの手配旅行において取り次ぎ業務を行うだけなので、宿泊施設や運送機関との間で手続きが未完了に終わっても義務を果たしたことになり、利用者に取扱い料金を請求することが出来ます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる