宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

湯畑とは

湯畑とは、温泉の源泉を地表や木樋(もくひ)を通して温度を下げることで、年に数回、その樋に沈殿した硫黄を湯の花として取る施設や源泉のことを一般的に言います。
湯の花とは温泉の成分のことであり、湯の花を取る場所なので湯畑という名称となっています。
湯畑が有名な場所といえば群馬県の草津温泉で、湯畑の光景を見るために草津に寄るという方は多いと言います。湯畑の湯の温度は60度ほどで、その高温の温泉が樋を流れながら温度を下げ、町内の旅館やホテルおよび共同浴場に流れるという仕組みになっています。
草津温泉で湧き出る湯は高温で強酸性のため湯畑に近づくにつれて草津温泉独特の硫黄の匂いがしてきます。高温の温泉は樋を通して冷やしながら湯滝に落とされており、その迫力は圧巻です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる