宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

滞在型観光とは

滞在型観光とは、一カ所に留まりその地域またはその周辺の観光を楽しんだり、様々なアクティビティを体験しながら旅をする滞在スタイルです。ヨーロッパではこの滞在型観光が昔から主流ですが、日本は少ない日数で出来る限り多くの観光地を訪問する周遊型観光と呼ばれるスタイルが一般的でした。しかし最近では、常に移動が続く周遊型観光は下火になってきていて、近場の温泉でゆっくり1泊旅行をしたり、都市やリゾート地でのんびり滞在する旅行スタイルに人気が出て来ています。
この滞在型観光は、旅行者が地元の人々と交流する機会が増えその地を深く知る事で、より多くの魅力を感じる事が出来ます。そうした経験は、リピーター化へと繋がり高い経済効果が期待出来る事から、受け入れ地では滞在型観光の普及に力を入れて、旅行者がより一層楽しめる体験プログラムなどの開発に積極的に取り組んでいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる