宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

適応症とは

適応症とは、温泉の温熱効果や成分によって、痛みや苦しさなどの症状が少なくなるだろうと予想される病気の名前や症状のことで、環境省の、温泉法により決められています。一般的適応症はすべての療養泉に当てはまり、筋肉、神経、関節の痛み、慢性の消化器病、痔、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進などに効果があるとされています。急性期の、熱を持った炎症状態のある人や、体力の消耗が激しい人、出血している人は、症状をさらに悪化させる恐れがあるとして温泉療法には向いていません。これらの症状は反対に一般的禁忌症と言われます。泉質別適応症は、温泉の成分によってかわります。いくつか挙げると、硫酸塩泉は、飲むと胆のうを収縮させ、腸の動きを活発にすることから、胆道系機能障害や高コレステロール血症、便秘に効果があるとされています。硫黄泉は、殺菌力が強く、表皮の細菌やアトピー原因物質を取り除く為、浴用でアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などの皮膚病に、放射能泉は、鎮痛効果があるとされ、浴用で痛風や、関節リウマチなどに効果があるとされています。なお、これらの適応症は専門的な知識を持った医師の意見をもとに決められています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる