宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ADR(平均客室単価)とは

ADRとはAverage Daily Rateの略で、ホテルや旅館などにおける平均客室単価のことを指します。客室の売上高を販売客室数で割ることで算出できます。例えば、全客室の総売上が1,000万円で販売した客室数が50室の場合、ADRは20万円ということになります。売上が増加傾向にあっても、この数値が低いと単価が低い、つまり費用あたりの売上が落ちてきていることを意味します。そのため、ADRを上げると、高単価で効率の良い運営が出来ていることになります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる